川崎 インプラント 相談室
監修医院 ヤガサキ歯科医院

インプラントメール相談 インプラントのお問い合わせ
ヤガサキ歯科医院紹介
矢ケ崎 隆信
矢ケ崎 隆信 スタッフ紹介 院内ツアー

診療時間と休診日

月・火・金
 9:30−13:00
14:30−18:00
水・土
 9:30−13:00
14:00−17:30
<休診日>木曜・日曜・祝祭日
医院地図

医院地図

〒214−0001
神奈川県川崎市多摩区菅
4−3−32 ベルヴィル301
電話044−949−1182

川崎市 歯科 ヤガサキ歯科


 

あなたの骨(歯槽骨)を再生させる方法

インプラントというのはこれまで申し上げたとおり、骨(歯槽骨)に埋め込みます。ということは、インプラントがきちんと埋まるだけの骨の高さと厚みがなければインプラントが飛び出てしまい、インプラントをすることはできないのです。

そして、歯が抜けてしまった場所は患者様の年齢が高くなるほど、骨(歯槽骨)の高さが低くなり、厚みもなくなっていることが多いのです。ですから、インプラントをすることが年齢を重ねるに連れて難しくなるのは年齢的な問題というよりは実はこの骨(歯槽骨)の高さと厚みがなくなってしまいインプラントを埋めることが出来ないという問題なのです。

「えぇっ、そうしたら私はインプラントができないの?」
「私は歯周病で歯が無くなってしまったからインプラントできないんじゃないか?」
「その骨(歯槽骨)がない人はインプラントできないの?」
「骨(歯槽骨)がない人でも、何とかインプラントをやる方法はないの?」

そう思われると思います。

特に日本人の場合は、欧米人と比べて骨が細いので、このような問題が発生しやすくなります。やはり、このような問題・悩みを抱えている方が多く、その問題を解決するための方法がいくつも開発されました。

その方法を今から、ご紹介いたします。

原理は簡単です。

無くなってしまった骨(歯槽骨)をインプラントを埋めることができるだけ再生し、そこにインプラントを埋め込むということです。原理は簡単なのですが、それを実行するのはなかなか難しいのです。

骨造成法(GBR法:Guided Bone Regeneration technique)

歯が抜けてしまうと、それまで歯を支えていた骨(歯槽骨)は急速に吸収されていってしまいます。骨(歯槽骨)には高さと厚みが重要です。高さが低くなってしまう場合と厚みが足りなくなってしまう場合の大きく分けて2種類があります。

GBR法はこのどちらにも対応できます。

GBR法であれば、ある程度までの骨吸収に対応することができます。
しかし、上顎の奥歯の場合にはGBR法では対応できず、ソケットリフトサイナスリフトでなければ対応できない場合もあります。

(1)骨の厚みが足りない場合

 


ソケットリフト法

ソケットリフト法 上顎の上には上顎洞という空洞があり、その空洞と歯を支えている骨(歯槽骨)の距離はとても短いのです。

そして、上顎の奥歯が抜けると、それまで歯と結合することによって高さを保っていた骨(歯槽骨)が吸収されていってしまうことによって、上顎洞までの骨の高さが不足して、インプラントを埋め込むことができなくなってしまいます。

ここまで、骨が不足するとGBR法では対応できず、入れ歯にならざるを得ませんでした。

ソケットリフト法 しかし、インプラントを入れたい場所から、上顎洞に向け、人工の骨を入れることで上顎洞までの骨の高さを増やし、そこにインプラントを埋入する方法が開発されたのです。

このソケットリフト法は上顎洞までの距離が5mm.以上あれば適応できます。しかし、5mm.未満の場合にはサイナスリフト法によるインプラント治療が適応されることになります。

ソケットリフトは局所麻酔(通常の麻酔)で行われるので、痛みはほとんどありません。

注意点として、手術後1ヶ月間は、手術を行った側の鼻を強くかまないで下さい。この理由は上顎洞にはシュナイダー膜という膜があります。卵の殻の内側についている膜と同じ様にとても薄いので、強く鼻をかむと膜が切れる可能性があるためです。

ソケットリフト法

ソケットリフトはサイナス・リフトに比べると、患者様、歯科医師の立場からも、時間的、肉体的、精神的に簡便な治療法ですし、手術後もより安定を期待できるため、比較的多く行われる方法です。

サイナスリフト法

サイナスリフト法

通常、上の奥歯を抜いてしまうと、上顎洞が下側に拡大して、同時に、失った歯の周囲の本来歯を支える役目だった歯槽骨の厚みが、加速的に減少していきます。

歯を支える顎の骨(歯槽骨)の高さが5ミリ未満の場合、インプラントを埋め込んでも、インプラントが上顎洞に飛び出してしまい固定できません。

したがって、サイナスリフトという治療手法を選択する必要があります。
上顎洞は、上顎にインプラントを埋め込むときの解剖学的な制約事項となっており、かつては、上顎の奥歯はインプラント治療ができない場合が多くありました。

しかし、このサイナスリフトが確立され、上顎奥歯にもインプラント治療ができるようになりました。但し、治療期間が6ヶ月〜1年と長めであるという難点はあります。

また、歯槽骨が5ミリ未満の場合は仮に「入れ歯」を入れても土台が柔らかく固定されない為、安定性も非常に悪くインプラントのほうが効果的です。

ソケットリフト法 歯がなくなると、歯槽骨の吸収が進行します。上顎の場合は、左図のように上顎洞の拡大も進行する可能性もあり、歯槽骨はさらに薄くなります。

ソケットリフト法 歯槽骨の骨の高さが低くなると、図のように必要なインプラントが埋入できなくなリます。

したがって、骨(歯槽骨)の高さを確保する必要があります。

サイナスリフトの場合、この骨(歯槽骨)の高さが5mm.未満の場合に適応します。

ソケットリフト法 歯槽骨の薄い部分の上顎洞底部に移植骨や骨補填材を填入します。

このとき、インプラントを同時に埋入する場合と、インプラントは骨の造成が完了してから行う場合とがあります。

骨があまリにも薄い場含は、インプラントの固定ができないので、後者の方法を選択します。

ソケットリフト法 サイナスリフトとは、Maxillary Sinus Augmentation と言い、上顎洞粘膜(シュナイダー膜)を上顎洞の底部から剥がして持ち上げ、シュナイダー膜を持ち上げたことによってできた隙間に自家骨や骨補填剤を移植することにより、上顎洞の底部の位置を上げ、インプラントを埋入できるだけの骨の厚みを確保します。

ソケットリフト法 インプラントが骨(歯槽骨)と結合したら、かぶせ物をを製作し装着します。

骨(歯槽骨)の厚みがある程度、ある場合はサイナスリフトとインプラントの手術を同時に行いますが、著しく骨(歯槽骨)が吸収されているケースではサイナスリフトを行い、骨が安定するまで4〜6ヶ月ほど期間を置いてからインプラントを埋め込みます。

サイナスリフトは確かに、ソケットリフトよりも大掛かりな手術ではあります。しかし、考え方によってはとても確実性の高い手術なのです。

なぜなら、ソケットリフトの場合は時間的、精神的、肉体的にも負担は少ないですが、実際にはシュナイダー膜を目で見ずに、感覚で手術を行わなければいけません。

それに対して、サイナスリフトはしっかりと肉眼でシュナイダー膜を確認しながら手術を行うことができるので、確実性が高い方法と考えることもできるのです。

また、ソケットリフトでは高さを確保できるのが3mm.程度とも言われており、サイナスリフトのほうが高さを確保できるという点も優れている点です。

サイナスリフトの欠点としては治療期間が6ヶ月から1年と長期間、かかってしまうことと、手術が大掛かりということです。

スプリットクレスト

 

インプラントカウンセリング申し込み

 

※診療の合間を見て、ボランティアで行っていますので、恐れ入りますが、川崎市以外の方のご相談はご遠慮下さい

お名前 ※必須
性別 ※必須 女性  男性
年齢 ※必須
電話番号 ※任意

※ご相談内容によっては、お電話させて頂くことがあります。
メールアドレス ※必須
ご連絡内容 ※必須